FC2ブログ

SCRAPlog.

創作とからくがきとか

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

■三銃士みてきた 

2011/11/14
Mon. 03:00


飛行船!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

目当てで行きました。
ちょっとレビュー。

物語の中身はそんなになかった。正直ストーリー自体はそこまで意味なくて、ただのミッションって感じ。そういう意味では中身薄いかなって感じは否めない。
ミラとオーリーをあのポジションにわざわざ起用した意味もあんまりないし・・・格好良かったけど。

ただ演出はすごかったです。衣装とか宮殿とか、町の再現とかね。
あと剣術とかやはりなんといっても船。空中戦。あれはすごかったね。やばかった。うおおおおおおおおおおおおたぎるうううううううううううってなってたものね。

あと主役の、ダルタニアン役の男の子が超絶かわいかったです。あと見に行った二人して「神父だよね」という謎の会話
とはいえ・・・あの・・・船目当てで言ったはずなのに

完全に視線をリシュリューに奪われました。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお枢機卿おおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ってなった。つうか再現率やべえ。あれ本人すぎるだろ。
リシュリューがマジ惚れる。ヘタレさもあって惚れる。やっべえ状態だった。
もっと人数絞って、政治のうんたらかんたらとか外交の変とか、陰謀のあたりとかを描いてほしかった・・・けどまあメインは三銃士であってそのあたりのアクションはもりこんであったから妥当だろうな。
アトスがヘタレすぎてもうちょっとなんとかならんかったか・・・あれじゃあ神父がマジ一人勝ちすぎるだろ。一人忘れているわけではない。(強調)


でもね。今回見に行って俺は気づきました。

①船はやはり海を行ってこその浪漫だ。
②外道は正義。








というわけで以下外道。
提督を描こうと思ったんだけど外道書きたかったから外道にした。



競:バルシェ8_死を想え

「『死を忘れるな。』、俺はいつも自分が何色の花を咲かすかって考えて生きてるよ。」


バルシェ・アトルラント(ディータ神国)
└ディータ神国第2コンスル
└神党副党首
└神教枢機卿「左腕」
└テルツァ・リーマ シャムロック




スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2019-01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。